スポーツ

サッカー、15日タジキスタン戦 森保監督「難しい試合を覚悟」

 タジキスタン戦を前に記者会見する森保監督=14日、ドゥシャンベ(共同)

 【ドゥシャンベ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で、F組の日本代表は15日午後5時15分(日本時間同9時15分)からタジキスタンの首都ドゥシャンベでタジキスタン代表と対戦する。ここまで互いに2連勝の勝ち点6で、得失点差で日本が首位にいる。

 14日は森保監督が記者会見に臨み、冒頭で台風19号の被災者にお見舞いの言葉を述べた上で「難しい試合を覚悟して来ている。自分たちの成長につながる試合をできれば」と気を引き締めた。チームは試合会場で最終調整し、公開された冒頭では吉田(サウサンプトン)ら全23選手がジョギングで体を温めた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス