国際

カタルーニャで大規模デモ サグラダ・ファミリア営業停止

 スペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリア教会前でスローガンを叫ぶデモ参加者=18日(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州で18日、独立派住民による5日連続となる大規模デモが行われた。州都バルセロナの世界遺産のサグラダ・ファミリア(聖家族)教会はデモ隊に入り口をふさがれたため、来場者らの安全確保ができないとして営業を停止したと発表した。住民は同国最高裁が14日に州独立を問う住民投票を強行した前州閣僚らに禁錮刑を言い渡したことに抗議した。スペインのメディアが伝えた。

 多数の幹線道路がデモで通行を遮断されたほか、この日はゼネストも呼び掛けられ、バルセロナ空港では一部の便が欠航となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス