経済

ネズミ侵入、山陽新幹線遅れ 車両基地の配電盤がショート

 28日午前4時25分ごろ、岡山市北区にあるJR西日本の博多総合車両所岡山支所で配電盤がショートし、約2時間停電した。ネズミの侵入が原因とみられる。支所は新幹線の車両基地で、停電のため岡山駅までの架線に電気が通らず、車両が動けない状態になった。岡山発の山陽新幹線の上下3本が最大で27分遅れ、約600人に影響が出た。

 JR西の担当者は「鳥が架線に衝突する事例はあるが、ネズミが原因の停電は珍しい。配電盤は簡単に入れる状態ではなく、どこから侵入したか分からない」と話した。

 JR西によると、配電盤のふたは閉じられており、近くにネズミの死骸があった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス