経済

トヨタ、カーシェア事業全国で 店舗活用しサービス多様化

 トヨタ自動車は28日、カーシェアリングと、レンタカーの無人貸し出しサービスの全国展開を始めた。専用アプリを使って人を介さずに、気軽に車の予約から解錠、返却、精算まで一貫してできるのが特徴だ。車の「保有」から「利活用」への移行が加速する中、トヨタは販売店やレンタリース店の店舗網を生かし、サービスの多様化を急ぐ。

 いずれも入会費は無料。シェアサービス「TOYOTA SHARE(トヨタシェア)」は利用の1分前まで予約可能。最短15分から最長72時間まで利用でき、ベーシッククラスの料金は15分200円から。利用が6時間以内の場合、別途燃料代を負担する必要はない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス