スポーツ

ゴルフ石川14位、松山出遅れ 世界選手権第1日

 第1ラウンド、1番でティーショットを放つ石川遼。3アンダーで14位=シャサン国際GC(共同)

 【上海共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズで米、欧州ツアーを兼ねるHSBCチャンピオンズは31日、上海のシャサン国際GC(パー72)で第1ラウンドが行われ、石川遼が69で回って首位と5打差の14位につけた。

 浅地洋佑は70で26位、川村昌弘は72で48位となった。74の堀川未来夢は64位、75と崩れた松山英樹は70位と出遅れた。

 64をマークした李昊桐(中国)がトップで1打差の2位にビクトル・ペレス(フランス)がつけた。78選手が予選落ちなしで4日間争う。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス