経済

東証続伸、終値51円高 米景況感改善が追い風

 6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は連日で年初来高値を更新した。米中対立の緩和が期待されたほか、米景況感改善が追い風となった。終値は前日比51円83銭高の2万3303円82銭となり、約1年1カ月ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は0・29ポイント高の1694・45で年初来高値を更新。出来高は約13億8800万株だった。

 5日の米国では好調な非製造業景況指数を背景にダウ工業株30種平均が過去最高値を更新。投資家の積極姿勢が波及し、平均株価は6日朝方に一時100円超上昇した。

 円安ドル高が進み、製造業銘柄の業績期待を高めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス