芸能・文化

竹内涼真「やっときたか」 スマイル賞に中村アンと

 授賞式で笑顔を見せる中村アン(左)と竹内涼真=7日、東京都内

 俳優の竹内涼真と中村アンが、笑顔が輝く著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2019」(日本歯科医師会主催)に選ばれ、東京都内で開かれた授賞式に出席。数年前から受賞を心待ちにしていたという竹内は「やっときたか、という感じ。お待たせしました」と冗談を交えて喜びを語った。

 中村は学生時代にチアリーディング部に所属した経験から「笑顔は人を元気にすると知って、ずっと大事にしてきた」と話した。やはり受賞を狙っていたといい「笑顔を褒めてもらえてうれしい」と白い歯を見せた。

 授賞式は11月8日の「いい歯の日」にちなんで開催された。司会から歯と口の健康維持のために心掛けていることを問われた竹内は「自分の歯に自信を持つ」と回答。過去にテレビ番組で唾液を調べたことがあり「人よりも量が多くて、オキシトシンという幸せホルモンが多いみたい。虫歯になったこともないし、幸せなんです」と持論を展開した。

 最後は2人で「いい歯を保つための顔の運動」に挑戦。大きく口を開けたり、舌を回したりする動作に「人前では恥ずかしい」と戸惑う竹内だったが、終わってみれば「顔の血の巡りが良くなった」と晴れやかな表情。中村も「朝、スイッチを入れるのにいいかも」と効果を実感していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス