くらし

社員証で鉄道乗れます、福井 ICカード利用の実験スタート

 システムの実証実験で電子マネーカードを福井鉄道清明駅の簡易改札機にかざす女性=8日午後、福井市

 福井新聞社と福井銀行(いずれも福井市)は8日、社員証や電子マネーとして買い物などに普段使っているICカードを、福井鉄道(福井県越前市)で運賃支払いや定期券に利用できるようにするシステムの実証実験を福井市内で始めた。

 地方鉄道の利便性を高めて乗客を増やし、地域の活性化につなげる。福井新聞と福井銀が共同発行する電子マネーカード「JURACA(ジュラカ)」の利用増も目指す。

 実験では、福井鉄道の駅に簡易自動改札機を設置。実験用に登録した社員証、電子マネーカードをかざし、データの読み取りや運賃計算の表示を確かめた。現状は決済機能を持っておらず、今後開発を進める。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス