芸能・文化

眉村卓さんに最後の別れ 長女「父はずっと書く人」

 大阪市内で営まれた作家眉村卓さんの葬儀・告別式=9日午後

 「ねらわれた学園」などSF小説の名手として知られ、3日に85歳で死去した作家眉村卓さんの葬儀・告別式が9日、大阪市内の葬祭場で営まれた。作家仲間や出版関係者ら約250人が参列し最後の別れを惜しんだ。

 喪主を務めた長女の村上知子さんは参列者へのあいさつで、10月上旬に入院した眉村さんが、完成間近の長編の執筆を病床で続けていたことを紹介。亡くなる数日前に、最後の場面と締めくくりの文章をメモ書きにして知子さんに託し、「これでいい」とつぶやいたという。知子さんは「父はずっと書く人でした。次の世界でも書いているのでしょう」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス