社会

原発避難先で水害300世帯 台風と二重被災、支援課題

 台風19号などによる一連の水害で、東京電力福島第1原発事故の避難者のうち、少なくとも315世帯が避難先で浸水などの被害を受けたことが9日分かった。事故前に住んでいた各自治体の調査を共同通信が集計し「二重被災」の実態が判明した。一方、福島県や避難先の居住自治体は詳しい状況を把握できていない。事故から8年半余りが過ぎ、生活再建に取り組む原発避難者は「また被災するなんて」と落胆している。台風19号の上陸から12日で1カ月。今後の支援や心身のケアが課題となる。

 富岡町は避難先のいわき市や郡山市など108世帯で自宅の床上や床下浸水の被害を確認した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス