芸能・文化

岡田将生「100%満足」 はなわは佐賀のPR不足

 アクサ生命の新CM発表会に登場した岡田将生(右)とはなわ=11日、東京都内

 俳優の岡田将生とお笑い芸人のはなわが、東京都内で開かれたアクサ生命のがん治療保険の新CM発表会に登場。今年の仕事の満足度を問われ、岡田が「目標の一つだった朝ドラ(NHK連続テレビ小説)や、舞台にも多く出られた。100パーセントです」と笑顔で振り返ったのに対し、はなわは「90パーセント」と後悔を口にした。

 今年のユーキャン新語・流行語大賞に作品タイトルがノミネートされた映画「翔んで埼玉」の主題歌を担当するなど、仕事そのものは充実していたが、「一番大事なふるさと佐賀県のPRをおろそかにしてしまった」と反省した。

 その上で今後、挑戦したいこととして「佐賀県、埼玉県だけじゃなく、47都道府県ごとに歌を作りたい」と宣言。「東京はネタが多すぎるので、区ごとに1曲ずつ作ろうと思っている」というはなわに、岡田は出身地である江戸川区の歌をリクエストした。

 「歌詞のネタも提供しますよ」とノリノリの岡田に、意外そうな表情を浮かべたはなわ。都会的な岡田と下町のイメージが合わなかったのか「江戸川区にこんなイケメンがいるんですか?」と驚きを隠さなかった。

 岡田が「そういえば、あまり(出身地を)言ってなかった」と明かすと、「『公表してねぇ』じゃん!」と、自身のヒット曲「佐賀県」の一節で突っ込んだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス