スポーツ

ビジャ、米新クラブのオーナーに 神戸の元スペイン代表FW

 サッカーの米男子プロリーグMLSの2部に相当する「ユナイテッド・サッカーリーグ(USL)」は12日、J1神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャらがオーナーを務める新クラブ「クイーンズボロFC」が2021年からUSLに参入すると発表した。

 新クラブはニューヨークのクイーンズ地区を拠点とする。昨季までMLSのニューヨーク・シティーでプレーしたビジャは「クイーンズ地区にクラブを設立することを助けるのは夢だ。これ以上の場所はない」などとコメントした。(共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス