スポーツ

スコットランドが罰金受け入れ ラグビーW杯の言動で処分

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。

 台風19号の影響により日本戦の開催が危ぶまれた際、スコットランド協会のドッドソン最高経営責任者(CEO)は試合を実施できなければ日程を変更すべきだと訴え、中止になった場合の法的措置も示唆。WRの独立紛争委員会は大会の懲戒規定に抵触したと判断し、7日に処分を決定した。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス