政治

桜を見る会の推薦、関与認める 首相枠千人「大いに反省」

 参院本会議で答弁する安倍首相=20日午前

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、公費による首相主催の「桜を見る会」招待者の推薦について自身の議員事務所に意見を述べたと明らかにし、参加者の人選過程に事実上、関与を認めた。招待基準があいまいだったなどとして「これまでの運用は大いに反省すべきだ」とも語った。菅義偉官房長官は衆院内閣委員会で推薦枠に関し、自民党が6千人、首相が千人程度だったと説明。政府側は、昭恵首相夫人による推薦もあったと明かした。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は「選挙運動に公的行事を使っていたことが明らかになった。税金の目的外使用だ。徹底的に問いただしたい」と記者団に表明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス