社会

沢尻エリカ容疑者、尿鑑定は陰性 MDMA「使用」供述も

 沢尻エリカ容疑者

 合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)について、警視庁組織犯罪対策5課は20日、尿鑑定の結果は陰性で、MDMAなど違法薬物の成分は検出されなかったと明らかにした。

 組対5課によると、MDMAの成分は大半が使用から2、3日で体外に排出されるという。逮捕した16日に任意で採尿し、警視庁の科学捜査研究所で鑑定していた。これまでの取り調べにMDMAの使用を認めており、同課は経緯を調べている。

 また同課は、押収した携帯電話を解析し入手ルートを捜査している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス