スポーツ

ボクシング元統一王者田口が引退 ライトフライ級7度防衛

 記者会見でチャンピオンベルトを掲げるライトフライ級の元統一王者田口良一=20日、東京都内

 元世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級統一王者の32歳、田口良一(ワタナベ)が20日、東京都内で記者会見し、現役引退を表明した。「以前のように、モチベーションを上げることができない。ボクシング人生をやり切ったという思いから引退を決意した」と語った。

 東京都出身の田口は2006年7月にプロデビューし、14年12月にWBA同級王座を奪取した。7度目の防衛に成功した17年12月の試合で統一王者となったが、昨年5月の試合に敗れて陥落。階級を上げて臨んだ今年3月の世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチでも敗れた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス