冥王星に「タベイ山」 登山家の故田部井淳子さんたたえ

 NASAの無人探査機ニューホライズンズが撮影した冥王星。矢印部分が「タベイ山」の場所(NASA提供・共同)

 国際天文学連合(IAU)は23日までに、登山家の故田部井淳子さんにちなみ冥王星の山を「タベイ山」と命名することを決めた。女性初のエベレスト登頂や7大陸最高峰登頂をたたえた。田部井さんは2016年に77歳で亡くなった。

 山は、特徴的なハート形をしたスプートニク平原の南側に位置する。

 命名を扱うIAUの作業部会が19日付で承認した。部会メンバーの渡部潤一・国立天文台教授によると、冥王星の地形を撮影した米探査機ニューホライズンズのチームが提案したという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス