スポーツ

羽生と紀平がGPファイナル進出 フィギュアスケート、日本勢

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦、NHK杯の男子で3年ぶり4度目の優勝を果たし笑顔の羽生結弦。左は2位のケビン・エイモズ、右は3位のロマン・サドブスキー=23日夜、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で争われるファイナル(12月5~7日・トリノ)男女の進出者が23日に出そろい、日本勢は男子で羽生結弦(ANA)、女子で紀平梨花(関大KFSC)の2人となった。

 他の選手は次の通り。

 男子 ネーサン・チェン(米国)アレクサンドル・サマリン、ドミトリー・アリエフ(以上ロシア)ケビン・エイモズ(フランス)金博洋(中国)

 女子 アリョーナ・コストルナヤ、アレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリーナ・ザギトワ(以上ロシア)ブレイディ・テネル(米国)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス