政治

首相、宮城の被災地視察 「補正で切れ目なく支援」

 「復興グルメF―1大会」を訪れ、南三陸町の佐藤仁町長(左)から復興状況の説明を受ける安倍首相=24日午前、宮城県南三陸町(代表撮影)

 安倍晋三首相は24日、東日本大震災や台風19号による被害の復興状況を視察するため宮城県を訪問した。台風で氾濫した大崎市の吉田川の復旧作業を確認した後、記者団に「一日も早い生活となりわいの再建に向け、対策パッケージを迅速に実施する。補正予算によって切れ目なく支援したい」と述べた。政府は来月、2019年度補正予算案と20年度当初予算案を決める。

 震災被災地の商店街が自慢の逸品を競う南三陸町の「復興グルメF―1大会」で「復興は政権の最重要課題だ。こうした前向きな取り組みを応援していく」と強調。鶏の唐揚げや「さんまメンチ」を試食し、出店者らと言葉を交わした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス