くらし

兵庫県が氷河期世代10人採用 正規職員に、来春入庁

 兵庫県は2日、景気低迷で就職難だった30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」を対象に、正規の一般事務職など4職種で10人程度を募集すると発表した。来年1月から筆記試験や面接を実施し、4月入庁となる見通し。

 県によると、対象は1974年4月2日~85年4月1日生まれで、学歴や職歴、居住地などは不問。一般事務職のほか、警察事務職、教育事務職、総合土木職を予定している。県のホームページで今月3日に受け付け開始。獣医師など一部の専門職を除き、県が35歳以上の社会人採用に踏み切るのは初めて。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス