スポーツ

巨人・岡本内野手が1億円突破 4番でリーグ優勝に貢献

 契約更改を終え、記者会見する巨人の岡本=3日、東京・大手町の球団事務所

 巨人の岡本和真内野手が3日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、6千万円増の年俸1億4千万円で更改した。入団5年目で初めてのリーグ制覇に4番打者として貢献し「チームが優勝して充実した年だった」と喜びをかみしめた。

 主軸を任せられるようになって2年目の今季は低迷した時期もあり、打率は2割6分5厘に終わったが、31本塁打と94打点をマーク。「2年目のジンクスと聞いてしんどいのかなと思っていたが、成長できるいい一年だった」とうなずいた。

 今季は先発から1試合外れた。「何でも基本が大事」と原点に返り、全試合の先発出場を来季の目標に掲げる。(金額は推定)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス