経済

アマゾン置き配、来年にも全国で 日本郵便と検討

 インタビューに答えるアマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長

 インターネット通販大手アマゾンジャパン(東京)が日本郵便と連携し、宅配荷物を玄関横などに置いて帰る「置き配」を来年にも全国に広げる検討をしていることが5日分かった。ネット通販の増加で運輸業界の人手不足が深刻化しており、再配達の削減につなげることで課題解決を図る。

 アマゾンは既に東京や福岡など大都市圏を中心に置き配を選べるようにしている。現在は契約する中小の宅配業者で置き配に対応しているが、日本郵便が協力して全国で提供する方針。

 アマゾンのジェフ・ハヤシダ社長も5日の共同通信のインタビューで「再配達を減らすことは業界の共通課題だ」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス