スポーツ

国内初の高地プールで競泳合宿 瀬戸「ストレス感じない」

 国内初の高地トレーニング用プールで泳ぎ込む瀬戸大也=長野県東御市

 長野県東御市に完成した国内初の高地トレーニング用プールで合宿している競泳のトップ選手が5日、練習を公開し、男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(ANA)は「海外よりストレスを感じず過ごせる。五輪へ向けて効果的な下山のタイミングを模索していく」と今後も活用する考えを示した。

 プールがある地点は標高約1750メートル。2000メートル以上の米アリゾナ州フラッグスタッフなどと比べ、強化環境としては高度がやや低いが、日本食の提供や新設の宿舎は選手に好評だ。女子の大橋悠依(イトマン東進)は「食事の心配もなく、平地と同じ練習で追い込めている」と評価した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス