国際

中東へ増派「現時点で検討せず」 米国防総省、1万4千人報道否定

 【ワシントン共同】米国防総省は5日、中東地域に米軍1万4千人を増派する可能性があるとの一部米メディアの報道に関し「現時点で検討していない」との声明を発表した。ただ今後の増派には含みを持たせた。一方、米CNNテレビは5日、同省が米国と対立するイランに対抗するため、数千人規模の増派を検討していると報じた。

 国防総省のルード国防次官(政策担当)は同日の上院軍事委員会の公聴会で、中東増派に関し「イランの脅威の変化を見ている。米国は追加の部隊を展開することができるが、まだ決定していない」と述べた。

 ウォールストリート・ジャーナルが1万4千人の増派検討を報じていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス