経済

JDI支援、3行が継続の方針 融資枠期限を3カ月延長へ

 経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)の資金繰りを支えるため、みずほ銀行、三井住友銀行、三井住友信託銀行の主力3行が計1070億円の融資枠の期限を延長する方針であることが6日、分かった。契約更新により12月30日の期限を来年3月末まで延ばす。JDIの筆頭株主で政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)が返済の保証を継続する。

 JDIは9月末時点の債務超過が1016億円に拡大。だが金融支援の枠組みから9月に中国ファンドが離脱するなど混乱していることから融資枠の延長が必要と判断したとみられる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス