社会

芸術祭、全額不交付「不明瞭」 文化庁補助金で津田大介さん

 立憲民主党憲法調査会のヒアリングで発言する津田大介さん=6日午前、東京・永田町

 文化庁が補助金を不交付とした国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を巡り、芸術監督でジャーナリストの津田大介さんが6日、東京都内で開かれた立憲民主党憲法調査会のヒアリングに出席し「なぜ、補助金の全額が不交付なのかが不明瞭だ」と述べた。

 芸術祭は8月、批判が殺到した企画展「表現の不自由展・その後」が一時中止に。文化庁は9月、「手続き上の問題」を理由に内定していた補助金約7800万円を全額交付しないと発表した。

 津田さんは不自由展について「106の企画のうちの一つ。減額であれば理解できる」とし、「誰が決めたのか、完全にブラックボックスだ」と疑義を呈した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス