経済

中国、米産大豆の追加関税除外 柔軟姿勢示す

 【北京共同】中国国務院(政府)関税税則委員会は6日、米中貿易摩擦で米国からの輸入品に課している追加関税を巡り、大豆や豚肉などを対象から除外すると発表した。米国が残りの対中制裁関税を発動する期限が15日に迫る中で、一歩踏み込んだ柔軟姿勢を示した形だ。

 米農産品の大量購入は貿易交渉の大きなテーマとなっている。中国は9月、潤滑油や飼料用の魚粉を追加関税の対象から除外する措置を決めた。今回の措置について、除外する期間などには触れていない。

 米中両国は貿易協議の「第1段階」合意の首脳間での署名に向けて、詰めの作業を進めている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス