社会

米軍の照明弾が新たに二つ、沖縄 金武町、訓練で使用

 沖縄県金武町で5日に照明弾のような物体が見つかった田んぼの近くで見回りをしていた同町伊芸区事務所職員らが6日、新たに照明弾とみられる二つの物体を見つけた。米海兵隊は取材に、5、6両日に見つかったのは、訓練で使用した照明弾だと明らかにした。

 同事務所によると、二つは沖縄自動車道近くの木の枝と、農道のガードレールに引っ掛かっている状態で見つかった。農道には火薬のようなものが落ちていたという。

 玉城デニー知事は6日朝、県庁で記者団に「厳重に抗議する。あってはならないことで、訓練ならば人や民間地に被害が及ばないような場所で行うべきだ」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス