国際

米最高裁も死刑停止を支持 数カ月は執行回避へ

 【ワシントン共同】米最高裁は6日、連邦レベルの死刑執行を16年ぶりに再開するとしたトランプ政権の方針を差し止めた下級審の判断を支持した。9日に執行予定だったが、AP通信によると、再開の是非について連邦高裁で正式な審理が行われる。結論が出るまで数カ月は執行停止が維持される見通し。

 米国には連邦レベルと半数以上の州に死刑制度がある。使用する薬物の効果を疑問視する声を受け、連邦レベルでは執行が停止されていた。

 司法省は7月、使用薬物を見直したとして再開を発表。死刑囚5人について今月~来年1月に執行するとしていたが、死刑囚側が再開の停止を求めて提訴していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス