国際

国連安保理、北朝鮮公開会合へ 米が提案、姿勢硬化か

 ニューヨークの国連本部(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は、北朝鮮の核・ミサイル開発について協議する公開会合を11日午後(日本時間12日午前)に開くことを決めた。今月の安保理議長国である米国が自ら会合開催を提案した。安保理外交筋が9日明らかにした。これまで北朝鮮非難に一線を画してきた米国が姿勢を硬化させ始めた可能性がある。

 米国が北朝鮮のミサイル開発に関して安保理会合開催を提案・要請するのは、北朝鮮が短距離弾道ミサイルなどの発射を活発化させた5月以降で初めて。会合要請や非難声明を主導してきた欧州諸国に対し、トランプ米政権は問題視しない姿勢を貫いてきた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス