政治

参院歳費返納、4カ月で5千万円 定数6増の経費削減

 参院は10日、定数6増に伴う経費を削減するため議員歳費の自主返納を可能にする改正法の成立に伴い、8~11月の4カ月間で議員から計4928万円が返納されたと発表した。該当する議員や会派の名前は個人情報だとして非公表とした。

 改正法は6月に成立。付則で返納額の目安を1人月7万7千円と明記した。返納額は毎月1200万円を超えている。目安に従ったとすれば、参院議員245人のうち毎月160人程度が返納したことになる。

 参院は半数改選のため、夏の参院選で3増となった。歳費などの経費増は年間約2億2500万円に上る。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス