政治

桜見る会の「追及終わらせない」 野党、国会閉会翌日に街頭演説

 東京・有楽町で街頭演説する立憲民主党の福山幹事長(左から2人目)=10日午後

 野党の「桜を見る会」に関する追及本部メンバーは10日、東京・有楽町で街頭演説を行った。臨時国会が9日に閉幕した後も、安倍晋三首相らの追及を続ける姿勢をアピールする狙い。本部長を務める立憲民主党の福山哲郎幹事長は「追及を途中で終わらせるわけにいかない。国会が閉じても調査を続け、来年の通常国会に向けて徹底的に準備したい」と訴えた。

 福山氏は、桜を見る会に関し「とんでもないことが起きている。安倍政権が国民の生活ではなく、自分のお友達や仲間、選挙に利用して税金を使う。こんなことを許しておけない」と批判した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス