社会

大阪地検に関電役員らを告発へ 市民団体、13日に

 関西電力役員らの金品受領問題で、市民団体「関電の原発マネー不正還流を告発する会」は10日、会社法の特別背任や収賄の容疑などで、役員ら20人に対する告発状を13日に大阪地検に提出すると明らかにした。呼び掛けに応じた3272人が告発人となる。

 同会によると、会が発足した10月24日から12月10日の間、47都道府県から参加者が集まった。最多は大阪府の795人だった。告発の対象は福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取った八木誠前会長や岩根茂樹社長ら。

 原発関連工事費の一部が還流したとして、所得税法違反罪にも当たる可能性があるとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス