くらし

渋野選手、母校訪れ交流 豪雨被災者の応援感謝

 母校の岡山市立平島小を訪れ、児童を指導する渋野日向子選手=10日午後

 ゴルフのAIG全英女子オープンで日本勢42年ぶりのメジャー制覇を果たし、賞金ランキング2位となった渋野日向子選手(21)が10日、母校の岡山市立平島小を訪れ講演した。岡山で大きな被害が出た昨年7月の西日本豪雨がプロテストと同時期だったと振り返り「被災した人たちにも応援してもらい、今までと違う強い気持ちで(テストに)臨めた」と語った。

 約250人の児童が真剣に聞き入った。一番のライバルを問われると「自分自身。自分の気持ちに勝たないと」と笑顔で応じた。

 ゴルフの基本が学べるスナッグゴルフでスイングを披露すると、児童らから歓声が上がった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス