社会

玉沢元防衛長官、岩手で撃たれる 命に別条なし、県警が男逮捕

 玉沢徳一郎元衆院議員

 防衛庁長官や農相を務めた玉沢徳一郎元衆院議員(81)が10日午後、岩手県内で、拳銃で撃たれたことが捜査関係者への取材で分かった。玉沢氏の親族によると、現場は盛岡市の自宅周辺で、足を撃たれたが命に別条はないとみられる。男が盛岡東署に拳銃を持っているとして自首し、県警は銃刀法違反(加重所持)の疑いで現行犯逮捕した。関係者によると「選挙の恨みで撃った。金銭トラブルがあった」と玉沢氏銃撃も認めている。

 県警によると、男は同県奥州市、農業高橋脩容疑者(82)。逮捕容疑は10日午後2時10分ごろ、盛岡東署で回転式拳銃1丁と実弾1発を所持した疑い。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス