グレタさんCOPで演説 「対策のふり、許さないで」

 COP25の会場で開かれたイベントで演説するグレタ・トゥンベリさん=11日、マドリード(共同)

 【マドリード共同】地球温暖化対策の強化を求めるスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16)が11日、気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場で演説した。「最も危険なのは政治や企業経営者が何もしていないのに、対策をしているふりをするのを許すことだ」として市民が監視する必要性を訴えた。

 世界に広がる若者の活動をけん引するグレタさんは、国連のイベントで登壇。温暖化に対する市民の危機感が足りないと、政治や企業経営者に圧力がかからないとした上で「指導者たちは何もせずにいられる。それが世界の現状だ」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス