芸能・文化

スター・ウォーズ新作で会見 監督「最高の作品、楽しんで」

 映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」のPRをするJ・J・エイブラムス監督(左から3人目)、デイジー・リドリーさん(同4人目)ら=12日午前、東京都港区

 大ヒットSFシリーズの完結編となる映画「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(20日公開)のPRで来日した製作陣と出演者が12日、東京都内で記者会見した。J・J・エイブラムス監督は「脚本作りからとても難しく、撮影や編集も入れると2年がかりになった。最高の作品ができたので、ぜひ楽しんでほしい」と語った。

 1977年から続くスカイウォーカー一家の物語は本作で完結する。主人公レイを演じたデイジー・リドリーさんは、これまで秘されてきたレイの出自が明らかになるかと質問され「そうね。彼女は前に進むため自分が失ったものを探し求め、答えを得るわ」と語った。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス