スポーツ

バドWT、奥原らが準決勝進出 1次リーグ最終戦

 女子シングルス1次リーグ タイ選手に勝利した奥原希望=広州(共同)

 【広州共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナル第3日は13日、中国の広州で各種目の1次リーグ最終戦が行われ、シングルスで女子B組の奥原希望がラチャノック・インタノン(タイ)を2―0で下して3連勝とし、準決勝に進んだ。男子A組の桃田賢斗はジョナタン・クリスティ(インドネシア)にストレート勝ちし、3戦全勝で4強入り。

 ダブルスで混合B組の渡辺勇大、東野有紗組がインドネシアのペアに快勝して3連勝。女子B組で韓国ペアを下して2勝1敗とした永原和可那、松本麻佑組とともに1次リーグ突破を決めた。

 女子でダブルスA組の福島由紀、広田彩花組は3戦全勝。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス