くらし

地域活性化最優秀賞に倉敷商業高 政府の政策コンテスト

 地方創生担当大臣賞の高校生以下の部を受賞した岡山県立倉敷商業高校の生徒ら=14日午後、東京都千代田区

 優れた地域活性化のアイデアを競う政府の政策コンテストが14日、東京都内で開かれ、最優秀となる地方創生担当大臣賞の高校生以下の部では、岡山県立倉敷商業高校の地域の食材を使った朝ご飯を空き店舗などで提供するプランが選ばれた。昼間の観光を楽しめないビジネス客にも地場産品の魅力をPRできる点などが評価された。

 一般の部は、東京都中小企業診断士協会城東支部と都内の飲食店による三重県尾鷲市の漁村過疎化を食い止める取り組みが受賞した。

 今回創設された地方公共団体の部は、京都府亀岡市の「かめおか霧の芸術祭」が受賞した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス