社会

コンビニに拳銃忘れ、東京・町田 警視庁、使用されず回収

 警視庁は15日、町田署生活安全課の男性警部補(49)が実弾5発の入った拳銃をコンビニの個室トイレに一時置き忘れたと発表した。客がすぐに見つけ、使用された形跡はなかった。

 警視庁によると、警部補は15日午前8時25分ごろ、東京都町田市のコンビニに立ち寄り、トイレを借りた。用を足すため、拳銃入れ(ホルスター)を通したベルトを外して壁のフックに掛けたまま、置き忘れたという。

 直後に入った客が発見し、店側が事務室で保管。出勤してきた女性副店長が同10時10分に110番し、警察官が回収した。警部補は、特殊詐欺の警戒で管内のコンビニなどを見回っていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス