芸能・文化

「宝物のよう」と桐谷美玲 30歳の節目にフォトブック

 女優の桐谷美玲が、30歳の節目に合わせてフォトブック「zukan(ずかん)」(集英社)を出版した。東京都内で開かれた発売記念イベントで、桐谷は「今の私が詰め込まれている。宝物のような一冊になった」と出来栄えを喜んだ。

 ファッションや美容などに関連する100個のキーワードを手掛かりに、桐谷の人となりを深く掘り下げた。タイトルは桐谷自身のアイデアだという。由来について「細かくカテゴリー分けしてあったり、写真がいっぱいあったりする感じが、幼い頃に見ていた図鑑に似ている」と明かした。

 巻頭の写真は米ロサンゼルスで撮影。ロケの合間に観光も楽しんだようで「ハリウッドでスターの手形を見た。ジョニー・デップの手形に大興奮した」と振り返った。

 イベントの終盤、誕生日を祝うケーキがサプライズで登場した。笑顔でろうそくを吹き消した桐谷は30歳になって挑戦したいことを問われ「絶対にこれ、と決めていることはないけど、1年かけて何か新しいことをしたい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス