くらし

大しめ縄張り替え、和歌山・田辺 熊野本宮大社

 張り替えられる熊野本宮大社神門の大しめ縄=16日、和歌山県田辺市

 世界遺産に登録されている和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社で16日、神門の大しめ縄の張り替えがあり、縄の中央には来年のえと「子」の大絵馬が飾られ、境内には一足早く迎春ムードが漂った。

 大しめ縄は長さ約4・5メートル、重さ約250キロ。三重県紀宝町の農業榎本政子さん(86)が稲わら約1200束を使って家族や友人らと編んで奉納した。今年で36回目。

 九鬼家隆宮司(63)は「引き締まった姿の美しいしめ縄に仕上がった。来年は災害がなく平穏な年になるよう願っている」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス