スポーツ

水球代表、異例の武者修行で収穫 東京五輪で上位狙う

 地元チームと記念撮影する水球男子日本代表=バルセロナ(日本水連提供・共同)

 水球男子の日本代表が16日、2カ月近くに及ぶ欧州遠征から帰国した。東京五輪に向け、強豪の6カ国を巡った異例の長期武者修行。主将の大川は「世界トップレベルの選手と毎日やれたのは大きな経験になる」と収穫を強調した。

 10月23日に日本を離れ、セルビア、クロアチア、モンテネグロ、イタリア、スペイン、ギリシャと世界の上位国を転戦。地元のプロチームなどと、55日間で43試合もの実戦を重ねた。

 日本はリオ五輪で32年ぶりの大舞台に立ち、2018年のワールドリーグでは過去最高の4位と健闘した。独創的な速攻は世界でも認められつつあるが、7月の世界選手権は11位だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス