社会

学芸員、重文2点も無断切り取り 岩手の博物館、県教委公表

 無断切り取りが確認された重要文化財「火舎」(岩手県教育委員会提供)

 岩手県立博物館(盛岡市)の学芸員が文化財を無断で切り取っていた問題で、同県平泉町の国指定史跡「柳之御所遺跡」から出土した重要文化財2点も被害に遭っていたことを県教育委員会が確認し、16日公表した。この問題で重要文化財の切り取りが確認されたのは初めて。

 県教委はこの日、同遺跡から出土した重要文化財のうち、県や町が博物館に保存処理などの目的で預けた76点の調査結果を公表。2点の無断切り取りの他、承諾の有無が不明な14点でも切り取った跡を確認したとしている。

 博物館は6月、学芸員が少なくとも金属製の文化財約60点を切り取ったと発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス