スポーツ

ボート、大石「いい感覚ある」 日本代表候補合宿を公開

 ボートの日本代表候補合宿が16日、東京都と埼玉県境の荒川で報道陣に公開された。参加10選手がフォームを確認しながら約20キロをこぎ、リオデジャネイロ五輪女子軽量級ダブルスカルで12位の大石綾美は「(今夏の)世界選手権の時よりも船を進められているいい感覚がある」と手応えを口にした。

 12月9日から2週間の合宿では、11月の日本代表1次選考レースやマシンでのタイムで好成績を残した選手らが鍛錬を積む。リオ五輪男子軽量級ダブルスカルで15位だった中野紘志は「ダブルスカルで勝つために、お互いの理解を深められている」と充実感をにじませた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス