くらし

西之島に新たな火口、溶岩が海に 警戒範囲を拡大、小笠原諸島

 溶岩が海に流れ込む東京・小笠原諸島の西之島=15日(海上保安庁提供)

 海上保安庁は16日、東京・小笠原諸島の西之島を上空から観測した結果、新たな火口ができて、溶岩が海まで達していることを確認したと発表した。海保と気象庁は、噴火活動が活発な状態が続いているとして、噴石や溶岩流への警戒範囲を山頂から半径1・5キロから2・5キロに拡大した。付近を航行する船舶に注意を呼び掛けている。

 海保によると、今回の観測は15日午後0時ごろから約50分間にわたり実施した。山頂の火口からは、数秒間隔で上空約300メートルまで噴煙と噴石が上がり、麓まで飛んでいた。以前からある別の火口からは、溶岩の流出が続いていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス