スポーツ

中川真依さんら42人走者に 石川県内の聖火リレー

 石川県は16日、2020年東京五輪の聖火リレーで県内を走るランナーに、飛び込みの女子で08年北京五輪、12年ロンドン五輪に出場した中川真依さん(32)ら男女42人を起用すると発表した。

 中川さんのほか、1984年ロサンゼルス五輪400メートル障害の日本代表大森重宜さん(59)らオリンピアン3人も内定。歌手一青窈さん(43)の姉で、同県中能登町の観光大使を務める作家で女優の一青妙さん(49)も選ばれた。

 42人のうち男性は22人、女性は20人。最年少は小学6年の男児(12)、最高齢は82歳の男性だった。1963人の応募があり、倍率は46・7倍。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス