経済

プレサンス株に売り注文が殺到 会社は謝罪コメント

 17日午前の東京株式市場でプレサンスコーポレーション株に売り注文が殺到し、売買が成立しないままストップ安水準の売り気配で推移した。学校法人明浄学院を巡る21億円横領事件で大阪地検特捜部が16日、業務上横領の疑いで山岸忍社長を逮捕したことを受け、会社の先行きに不安が広がった。プレサンスは「お客さまや株主にご心配、ご迷惑をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」と謝罪するコメント文を発表した。

 プレサンスはワンルームやファミリーマンションを開発、販売している。在阪証券マンは「今後は用地取得や銀行からの融資に支障が出る可能性がある」と指摘した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス