政治

桜見る会首相推薦枠「調査せず」 衆院内閣委、野党質問に

 衆院内閣委理事会に臨む今井雅人衆院議員(左から2人目)ら=17日午前、国会

 衆院内閣委員会は17日午前、国会内で理事会を開き、首相主催の「桜を見る会」を巡り政府が野党から提出を受けた質問事項について回答した。預託商法などが問題視された「ジャパンライフ」元会長の2015年の招待状に付された「60」が安倍晋三首相の推薦枠を意味しているかどうかについて「調査する必要はない」と答えた。

 出席した無所属の今井雅人衆院議員によると、政府側は招待状の番号について「配送するために便宜的に付けているものだ」と説明。野党が要求した招待者名簿のデータを廃棄した際の記録提出についても「記録があるかについて調査する考えはない」とした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス