スポーツ

味の素とJSCが命名権契約 五輪強化拠点のNTCイースト

 命名権の契約報告会のトークセッションに登場した競泳の瀬戸大也選手(右)。左はパラ陸上の山本篤選手=17日、味の素NTCイースト

 日本スポーツ振興センター(JSC)と味の素は17日、五輪、パラリンピック選手の新たな強化拠点として7月に利用が始まった「ナショナルトレーニングセンター(NTC)イースト」(東京都北区)の命名権(ネーミングライツ)契約を結んだと発表した。

 年間7500万円で同社が取得している既存の味の素NTCと、隣接する味の素フィールド西が丘の命名権と合わせた契約となり、契約額は合計で年間1億3500万円となった。契約期間は2025年3月末まで。

 NTCイーストは水泳、卓球などの専用練習場や食堂、宿泊施設を備える。バリアフリー化を徹底したことも特徴。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス